top of page

国内報告 北京2022オリパラ報告会

本日5月5日、北京2022オリンピック・パラリンピック報告会が開催され、岩手大学出身の狩野 亮 選手とともに岩手県スポーツ賞を受賞しました。大変ありがとうございます。

オリンピックメダリストの小林選手、永井選手をはじめとするオリンピアンが出席することから一般公募の多くの方々(600名とも800名とも)に駆けつけていただきました。(撮影禁止だったので写真なくてすみません)

それに先立つ午前中、いわてスポレクフェスタ2022に特別ゲストとして参加させていただきました。参加者トークの場面があるとのことでしたので、気の利いた受け答えの難しい幸平は、前夜に一生懸命下準備。汗をかきかき頑張って想定問を準備したのですが、発言を振られる機会も少なく空振りに終わった感じでした。でもまあいいでしょう。結果も大切ですが、どれだけ真剣に取り組むかが大切ですから。

参加者の子ども達とのふれあい体験では、一転、生き生きしていました。中味が子どもの幸平は、違和感なく子ども達に溶け込んで、なにやら話し合いながらボッチャを楽しんでいたようです。(中学の部活の時も感じていたのですが、幸平は後輩の面倒見がとてもいいです。あれこれ考えずに自然体でアドバイスできるのは彼の美点かも)


髙橋幸平 北京2022パラリンピック


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国内報告 高橋昌造矢巾町長を表敬訪問

令和5年6月6日に、矢巾町庁舎を訪れ、高橋昌造矢巾町長を表敬訪問しました。幸平が活動できているのは高橋町長のおかげといって過言でないほど応援しただいており、今回、直接お礼申し上げる機会ができ、大変感謝しています。 また、席上でJAいわて中央様からお米90kgのプレゼントを頂きました。本人は盛岡農業高校出身で、なんとか農業関係の方と携わりたいと願っていながら、なかなかそれが叶わなかったのですが、今回

Comments


bottom of page